ログイン
HOME  » 不妊治療 / 骨盤矯正
不妊治療 / 骨盤矯正

​あなたの骨盤ゆがんでませんか?

骨盤のゆがみをチェック!

・片足立ちで静止できない
・目をつぶって足踏みすると不安定になる。
・股関節の開き方が左右で違う
・寝た姿勢でつま先がひらく
・お尻の横がはっている
・お尻がつきでている
・下腹がぽっこり出ている
・足の長さが左右で違う
・靴底の減り方が左右で違う
・O脚またはX脚である
・たこや魚の目ができやすい
・足を組んで座ることが多い
・長時間、座っているとお尻や腰が痛くなる

 

骨盤が歪むとどうなるの?


1.筋肉が硬くなる

骨盤の歪みの影響で、骨盤に付着している筋肉(お尻やお腹、太もも)のバランスが崩れてくると、
筋肉のコリや痛み、姿勢が悪くなり、腰や股関節周辺の動きの違和感が感じられてきます。

姿勢が悪くなると筋力の低下があらわれますので、
日常生活で背筋をきれいに伸ばした状態や足をそろえて座るなどの動作がつらくなり、
更に骨盤の歪みを長期化させます。
また運動不足が加わると筋力や体力の低下がますます進行してしまいます。

歪みが長期間続くと全身の筋肉が影響を受けて腰痛や肩こり、首こり、
頭痛、目まい、不眠、足のシビレ、こむら返りなどさまざまな症状へ進行することになります。

2.血流が悪くなる

骨盤の歪みと骨盤周辺の筋肉のコリや痛みは、骨盤内の血管やリンパを圧迫し血流と代謝の低下を引きおこします。
そのため酸素や栄養、老廃物、生殖器のはたらきに重要なホルモンの流れが滞ります。
その結果、骨盤内の臓器(子宮・卵巣など)に物質が届かず、冷えやむくみ、
下腹部の重だるさや張り、不妊や婦人科系疾患(生理痛、生理不順、更年期障害)の原因になります。

その他では、代謝が悪くなることでお肌がくすんで見えたり、
調子がすぐれないなど美容と健康への影響も見られてきます。
さらに太りやすく、疲れやすい体質になります。

3.神経を圧迫する

骨盤内の臓器(子宮・卵管・卵巣・膀胱・直腸)は腰椎、仙骨からおこる自律神経と繋がっていて、
歪みや筋肉の緊張により神経を圧迫すると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、
各臓器のはたらきに重要な情報の伝達が悪くなります。
また、骨盤は腰から背中、首の骨へと連結していて、歪みのストレスは首の筋肉まで負担をかけます。
​この負担は脳の下垂体へ影響を及ぼし卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)など
女性ホルモンを分泌するはたらきが悪くなります。

他では、仙骨から頭蓋骨をつないでいる脊柱の中には脳脊髄液という神経システムの栄養素が循環しているので、
循環の不良による神経システムの悪影響も考えられます。

​4.生殖器を圧迫、変形する

子宮、卵管、卵巣は靭帯で骨盤と繋がっていて形状を保持しています。
骨盤の歪みにより靭帯が生殖器を引っ張るなどのストレスが加わると、
この生殖器の形状が崩れ子宮の後屈、卵管の捻じれなどが生じます。

​そして、生殖器の上には消化器官(小腸、大腸など)が隣り合わせの状態で位置していて、
骨盤が広がるなどにより生殖器と消化器官の間にすき間を作ることになります。
腹膜で垂れ下がった状態の消化器官はそのすき間を埋めようと下方向へ更に下がるので、
生殖器はこの上からの圧迫を受けることになります。
また、生殖器の底面は、骨盤底筋がハンモックのような状態で受け止めていて、
前後左右は膀胱や直腸、筋肉、骨盤ですき間がないので周囲からのストレスを直接受け止めることになるので骨盤内の環境が悪くなります。

これらの影響により着床障害、卵管内の狭窄、胚の輸送機能の障害、卵子のピックアップ障害、尿もれ、便秘など様々な障害を引き起こすことになります。

不妊骨盤矯正・産後骨盤矯正への効果


骨盤の歪みが引きおこしていた血行不良、痛みや動作の違和感、骨盤内の環境が整い生殖器系のはたらきが改善されます。
 
  1. ​骨盤内の下垂していた内臓の位置が戻り、子宮・卵巣など生殖器への圧迫がなくなることにより、血管・リンパ・神経の流れがスムーズになり子宮・卵巣のはたらきが改善されます。また、膀胱や腸の働きも改善され便秘や冷え・むくみが解消されます。
  2. 腰椎や骨盤、股関節周辺の動きがスムーズになり、腰痛・神経痛など痛みの改善、自律神経(交感神経・副交感神経)の正常化によって女性ホルモンの分泌が良くなり、婦人科系疾患への効果がみられます。特に腰痛の改善は多くの方が早い段階でみられます。
  3. 産後骨盤矯正の効果は、産後の尿漏れや恥骨の痛み、O脚、ポッコリしたお腹や大きくなったお尻のサイズダウン、腰痛、股関節周辺の筋肉のコリ、動かしづらさが改善されます。妊娠前の元のスタイルに戻りたい。腰痛を治したいという方におすすめです。


骨盤は全身の骨格の土台であるので歪みの改善は様々なところに直接的、または間接的に良い影響をもたらします。
施術前

before

施術後

after

施術前

before

施術後

​after

施術前

before

施術後

​after

施術前

before

施術後

​after

骨盤矯正の必要性

子宮・卵管・卵巣は靭帯で骨盤と繋がり支持され本来の形状と機能を保っています。


​不妊治療では、骨に歪みがあれば生殖器の形状にも緊張や捻じれが生じてきますので、妊娠機能を十分に発揮することが出来ず低下してしまいます。
骨盤や子宮、卵巣などに起こっている緊張や捻じれを改善することで、本来持っている妊娠機能を発揮できる状態に整える施術を行います。
月経前症候群(PMS)、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、ホルモンバランスの問題など婦人科系のお悩みが解消し妊娠しやすい体づくりができるよう皆さまのサポートを致します。

 

産後は体型が崩れて、尿漏れや性器脱、腰痛、恥骨の痛みなどの症状があらわれ、産後のケアを行わなければ二人目不妊の原因や40、50代になってからも様々な問題を引き起こします。
​骨盤矯正を行い出産前の体型に戻し、症状の改善を行うと同時に将来的な不安をなくすという大切な目的もあります。



※全ての方に効果を約束するものではありません。効果の実感には個人差があります。

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有